気になるセリフ

映画やドラマ作品の中で気になるセリフをピックアップ

「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」エピソード3.“ありのままの私を受け入れて”(英語セリフ付き)

私の大好きなニューヨークが舞台で、とても評価の高いドラマ 「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」のエピソード3.“ありのままの私を受け入れて”を観ましたので、そこからのセリフをご紹介いたします。

 

 まずは⇩作品紹介⇩から。 

 

 【作品紹介】

邦題: モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ ep3. ありのままの私を受け入れて
原題: MODERN LOVE ep3. "Take Me as I Am, Whoever I Am"
監督: ジョン・カーニー
出演: アン・ハサウェイ、ゲイリー・カー、ジャド・ハーシュ、クインシー・タイラー・バーンスタイン
シリーズあらすじ:
思いも寄らない人物との友情。失恋のやり直し。転換期を迎えた結婚生活。デートとは言えないかもしれないデート。型にはまらない形の家族。これらすべては、ニューヨーク・タイムズ紙の人気コラム「Modern Love」に実際に投稿されたエッセーに基づく、愛の喜びや苦悩についてのユニークな物語だ。
エピソードあらすじ:
私の私生活は一筋縄ではいかないものだった。恋愛関係で隠し事は禁物。相手に自分をさらけ出さなければならない。だけど私は、その時の自分が何者であるか、自分でも分かっていなかったのだ。

Amazon Original

 

 【気になるセリフ】

アン・ハサウェイ扮する主人公レキシーが、デート相手を自分の家でのディナーに招待したものの、ある問題を抱えている彼女はドアのチャイムに出られず、彼が帰ろうとする中、1人ベッドに潜って呪文のように唱える言葉。

〖日本語字幕〗

どうか戻って

戻ってこないで

お願いだから戻って来て

 

〖英語〗

Please come back.

Don't come back.

Please come back.

Don't come back.

Please... come back...

 このセリフは、この物語全体をよく表した特徴的なものだと思いました。

 

レキシーが、これまで誰にも話せずに自分で抱え込んでいる問題を、元同僚のシルヴィアに話した時、シルヴィアから話してみてどうだったかと聞かれ、答えた言葉。

〖日本語字幕〗

胸を押し潰してたゾウの足が

消えた

 

〖英語〗

Like an elephant has taken one of its feet off my chest.

 人情味溢れるシルヴィアの存在が、レキシーの人生を変えるこの一連のシーンは号泣必至です!!

 

それにしても、アン・ハサウェイの両極端な演技が本当に素晴らしく、上記のクインシー・タイラー・バーンスタイン扮するシルヴィアとのシーンはもちろん、彼女がデート相手を待っている間のバスルームでのシーンは目を見張るものがありました。

こういった問題を抱える人はかなり生きづらいかと思いますが、元同僚のような懐の深い人が周りにいればかなり楽になれるのかもしれませんね。

こちらのエピソードも必見ですので、是非!

  

 

 

「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」エピソード2.“恋のキューピッドは世話好き記者”(英語セリフ付き)

私の大好きなニューヨークが舞台で、とても評価の高いドラマ 「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」のエピソード2.“恋のキューピッドは世話好き記者”を観ましたので、そこからのセリフをご紹介いたします。

 

 まずは⇩作品紹介⇩から。 

 

 【作品紹介】

邦題: モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ ep2. 恋のキューピッドは世話好き記者
原題: MODERN LOVE ep2. "When Cupid Is a Prying Journalist"
監督: ジョン・カーニー
出演: キャサリン・キーナー、デヴ・パテル、アンディ・ガルシア、Caitlin McGee
シリーズあらすじ:
思いも寄らない人物との友情。失恋のやり直し。転換期を迎えた結婚生活。デートとは言えないかもしれないデート。型にはまらない形の家族。これらすべては、ニューヨーク・タイムズ紙の人気コラム「Modern Love」に実際に投稿されたエッセーに基づく、愛の喜びや苦悩についてのユニークな物語だ。
エピソードあらすじ:
私は最後の質問を投げかけた。「あなたは誰かを愛したことはある?」と。彼は「そんな質問をされたのは初めてだ」と言いつつも、最後に「ある」と答えた。そして「手遅れになるまで、それが愛だと気づけなかった」と言い、レコーダーを切るように言った。私は停止ボタンを押した。

Amazon Original

 

 【気になるセリフ】

デートアプリの開発者ジョシュアが、記者のジュリーから本気で恋をしたことがあるかと聞かれて戸惑っているくだりで、ジュリーが口にした言葉。

〖日本語字幕〗

あなたの顔に書いてある話

 

〖英語〗

The story written all over your face.

普通にビジネスの話をして取材を終わろうとした時に、忘れていたとばかりに尋ねた質問だったのですが、長い間記者という職業をしていると、少しビジネスの話をしただけでも(デートアプリの話ということもあるとは思いますが)、恋愛面でもこの人には何かあるなと気付くのかもしれませんね。 

 

ジョシュアが忘れられない女性と出会った時のことを回想しているシーンで、彼が彼女をデートに誘い、「無職の2人が朝9時半に街ですることって?(So then, what do two unemployed people do in New York City at 9:30 am?)」と聞かれ、返した言葉。

〖日本語字幕〗

何でもできる

 

〖英語〗

The question is, what don't we do?

 

 直訳すると、「問題は、何をしないか?ってことだよね」となり、無限の可能性を秘めている感じがとてもオシャレですよね!

 

この作品では、年代の違う2つの恋愛が描かれます。

エピソードのタイトルでも分かるように、詮索好きな記者のジュリーがジョシュアのキューピッドになるのですが、このドラマのシーズン最終話では、あっと驚く展開が2人に待っています。

このドラマはエピソード毎に違うお話が語られるのですが、最終話では各々のエピソードの主人公たちも登場し、そうだったんだ!という仕掛けが幾つか散りばめられているので、是非とも1~8話を全て通して観て欲しいです!

 

 

 

「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」エピソード1.“私の特別なドアマン”(英語セリフ付き)

私の大好きなニューヨークが舞台で、とても評価の高いドラマ 「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」のエピソード1.“私の特別なドアマン”を観てみましたので、そこからのセリフをご紹介いたします。

 

 まずは⇩作品紹介⇩から。 

 

 【作品紹介】

邦題: モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~ ep1. 私の特別なドアマン
原題: MODERN LOVE ep1. "When the Doorman Is Your Main Man"
監督: ジョン・カーニー
出演: クリスティン・ミリオティ、ローレンティウ・ポッサ
シリーズあらすじ:
思いも寄らない人物との友情。失恋のやり直し。転換期を迎えた結婚生活。デートとは言えないかもしれないデート。型にはまらない形の家族。これらすべては、ニューヨーク・タイムズ紙の人気コラム「Modern Love」に実際に投稿されたエッセーに基づく、愛の喜びや苦悩についてのユニークな物語だ。
エピソードあらすじ:
別に普通の友達だった。ただ一方はニューヨークに暮らす独身女性で、もう一方は女性が暮らすアパートのドアマンだっただけ。男性は門番やボディガード、時には親友や父親代わりを務めることで女性の面倒を見ていたのだ。

Amazon Original

 

 【気になるセリフ】

主人公の女性マギーが、予想外に妊娠してしまったことに気付き、悲観しながら、子育ては父親と母親の2人が揃ってないと…と発言したのに対し、ドアマンのグズミンが放った言葉。

〖日本語字幕〗

古い考えです

 

〖英語〗

What conservative nonsense this is?

“conservative nonsense”(保守的で馬鹿げた言動)という言葉の選択が素晴らしいですね!

 

 上記のやりとりをした後、グズミンがマギーにかけた言葉。

〖日本語字幕〗

村が子供を育てる

NYは巨大な村です

 

〖英語〗

A village brings up a child.

And, NY is a very great village.

その言葉通り、グズミンは彼女の子育ての手助けをします。

NYみたいな巨大な村で育てられたら、どんな世界が待っていたんだろう?!

妄想が広がりますね!!

 

  マギーの男性関係にも口を出してきたグズミンが、初めて、彼女が新しく連れてきた男性を認めた時にマギーにかけた言葉。

〖日本語字幕〗

私が見てたのは男じゃない

あなたの目です

 

〖英語〗

I was never looking at the man, Maggie.

I was looking at your eyes.

 父親のようでも親友のようでもあるグズミンには、その男性が、彼女が自信を持って紹介できる人物かどうかは一瞬で分かってしまうんですね。

2人の絆や関係性が伺える一言でした!

  

ジョン・カーニー監督(「シング・ストリート 未来へのうた、「はじまりのうた」、「ONCE ダブリンの街角で」など)の作品らしく、ほっこりとする可愛らしいお話でした。

 NYであんなに素敵なドアマンがいるキレイなアパートに住めるなんて、本当に羨ましいです!!

 

 

 

BS-TBS開局20周年記念ドラマ「伴走者」 原作とはもはや別作品ですが、エンタメ性抜群!!

原作の「伴走者」を読んで大変素晴らしい作品だったため、ドラマ化されたと聞き、BS-TBSの開局20周年記念となったドラマ「伴走者」を観ましたので、そちらからの気になるセリフをご紹介いたします。

 

まずは⇩作品紹介⇩から。 

f:id:megayo:20200329230525j:plain


題名: 伴走者
原作: 浅生鴨「伴走者」(講談社
脚本: 清水有生
演出: 麻生学
出演: 吉沢悠市原隼人美村里江北乃きい、大地、荒井敦史、松井友作、黒宮けいた、寺戸郁人、浅川大治、高橋光臣鈴木浩介
あらすじ:
実業団陸上部から戦力外通告を受けたランナー・淡島祐一と、不慮の事故で視力を失った元サッカー選手の内田健二。ブラインドランナーとして再起を目指す内田は、パラリンピック出場を目標に掲げ、淡島を伴走者として迎える。初めは何かとぶつかり合っていた二人だが、次第に信頼関係が生まれていく。
© BS-TBS, INC. All rights reserved.

 

【気になるセリフ】

合宿所で、伴走者の淡島が夜中にキッチンに行って電気を点けると、ブラインドランナーの内田が独り食卓についており、驚く。そして、一通りやりとりした後、淡島が盲目の内田に向けて放った言葉。 

 目の見える人間の気持ちも考えろ

だから 電気は点けとけ

初めは、身勝手な考え方をする淡島が、相変わらず身勝手なセリフを吐いたなと思ったのですが、こう言われた内田は怒らずに、そんなこと初めて言われたと驚いたような返事をした時、彼は障害者として特別扱いされていないことに関して、逆に嬉しかったのかもしれないなと思いました。

 

原作(「夏・マラソン編」と「冬・スキー編」の2話が収録されています)でも、スキー編では、盲目の女子高生が、ほとんど何でも自分でできるのに、障害者として扱われることに不満を感じる様子が描かれていたことを思い出しました。

こちらは親切心で特段気を使っているつもりでも、逆に相手を傷つけていることもあるんだなと改めて感じさせられました。

 

このドラマ作品と、原作の小説とは毛色が結構違っていて、ドラマはよりエンタメ性を持たせるよう、恋愛や家族関係、友人関係などで、色んな盛り上がりを作ってありましたが、原作はブラインドランナーと伴走者の絆や走る際の注意点などを詳細に描いてあり、私にとって新しい分野だったこともありますが、色んな気付きをくれる作品でした。

特に原作を読んでいる時は、一緒に走っているような感覚になれ、私もマラソンしてみようかな~なんて思う程、気持ちが高揚する本当に素晴らしい作品でした。

ということで、同じ作品ですが、かなり違う原作とドラマ、是非両方とも、読んで・観て(VODどこかにあるかな?)、比べてみて欲しいです!!

 

 【関連商品】

 

 

 

『ブランカとギター弾き』社会問題を扱いながらも観やすい良質映画

今日は、 社会問題を扱いながらも観やすい良質映画を観たい時におススメの映画『ブランカとギター弾き』からのセリフをご紹介します。

 

まずは⇩作品紹介⇩から。

 

【映画紹介】

邦題: ブランカとギター弾き
原題: Blanka
監督: 長谷井宏紀
出演: サイデル・ガブテロ、ピーター・ミラリ、ジョマル・ビスヨ、レイモンド・カマチョ
あらすじ:
二人でいれば、悲しみは半分。しあわせはたくさん。夏の果ての街角を、愛の歌が通り抜けていく--。フィリピン、真夏のマニラ。“お母さんをお金で買う”ことを思いついた孤児の少女ブランカは、ある日、盲目のギター弾きピーターと出会う。ブランカはピーターから、得意な歌でお金を稼ぐことを教わり、二人はレストランで歌う仕事を得る。ブランカの計画は順調に運ぶように見えたが、一方で、彼女の身には思いもよらぬ危険が迫っていた…。
© 2015-ALL Rights Reserved Dorje Film

  

【気になるセリフ】

 盲目のギター弾きであるピーターが、テレビから流れる戦争のニュースを聞き、口にする言葉。 

〖日本語字幕〗
目の見えない人間ばかりなら 戦争は起こらない
見えるものに こだわりすぎだな

目が見えない状況は私には想像し難いですが、確かに、目の見える人たちは見えるものにこだわりすぎているのかもしれませんね。

かと言って、盲目の人たちだって喜怒哀楽の感情は同じだと思うので、(起こるとしたら、もちろん今のような形ではないとは思いますが)戦争が起こらないかどうかは議論の余地があるかもな~と思ってしまいました。

 

主人公のブランカが、目の見えないピーターに夢は見るのかと質問をして、彼から、聞いたものや触ったものが夢になると聞かされた時に、ピーターの手を自分の顔に持ってきたブランカの言葉。

〖日本語字幕〗

これが私の顔 
これで私も夢に出られるね

とても可愛くて心温まるシーンでした。

 

お母さんを買おうとしているブランカに気付いたピーターが、買えるものと買えないものがあると言ったことに対するブランカの言葉。

〖日本語字幕〗

子どもを買う大人はいるのに
子どもが大人を買っちゃいけないの? 

フィリピンという土地柄においては、より現実味のあるこの言葉は、かなりドキッとさせられてしまいますね。。。

 

ストリートチルドレンとしてたくましく生きる子どもと、盲目の老年男性という社会的弱者同士の絆を描く作品で、世界的に見てかなり恵まれている日本に住む者からすると、とても衝撃的で考えさせられる内容となっていました。

世界にはそういう過酷な状況があると知ってはいても、日常に追われてしまい、なかなかそれについて考える機会はないと思うので、本作を観て色々考えてみるのもいいかもしれませんね。

かと言って、この作品の中核をなすテーマは“愛”であり、そういう辛い状況を押し付けてくるだけの映画ではないため、とても観やすく仕上がっている良作だと思います。

 

ということで、エンドクレジットで出て来た一文もどうぞ。

〖日本語字幕〗

”家 それは誰かが あなたを 待っていてくれる場所” バウミ

 

〖英語〗

"Home is where someone is waiting for you." - BAUMI

※調べてみたところ、バウミ(カール・バウハウトナー)さんは、監督がセルビアの村で出会ったというプロデューサーの方で、一緒に映画を作ろうとしていた方だったようですが、途中他界してしまったということです。くわしくはこちらで。 

 

 【関連商品】

 

 

 

 

『誰のせいでもない』ドラマ?スリラー??(英語セリフ付き)

今日は、ヴィム・ ヴェンダース監督の作品ということで、気になっていながらもずっと観れていなかった『誰のせいでもない』を観てみました。

その中からのセリフをご紹介します。

 

まずは⇩作品紹介⇩から。


【映画紹介】

邦題: 誰のせいでもない
原題: Every Thing Will Be Fine
監督: ヴィム・ヴェンダース
出演: ジェームズ・フランコシャルロット・ゲンズブールマリ=ジョゼ・クローズ、ロバート・ネイラー、パトリック・ボーショー、ピーター・ストーメア、ジュリア・セーラ・ストーン、ジャック・フルトン、レイチェル・マクアダムス
あらすじ:
真っ白な雪に包まれたカナダ、モントリオール郊外。作家のトマス(ジェームズ・フランコ)は恋人サラ(レイチェル・マクアダムス)との関係がうまくいかず、執筆もスランプに陥っていた。そんなある日、雪深い道を帰宅途中のトマスの車が、飛び出してきた幼い少年を避けきれずに轢いてしまう。避けられなかった事故は、誰のせいでもない。だがそこから12年、トマスとサラ、トマスの新しい恋人アン(マリ=ジョゼ・クローズ)、そして少年の母ケイト(シャルロット・ゲンズブール)、4人の感情は激しく揺れ続け、運命は大きく変わってゆく。
© 2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GÖTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED.

  

【気になるセリフ】

 シャルロット・ゲンズブール扮する事故で息子を亡くした母親が、2年後に彼女の元を訪れた、息子を車で轢いてしまったジェームズ・フランコ扮する作家にかけた言葉。

〖日本語字幕〗

あの悲劇にも意味があると思いたい
あなたのためにも息子と祈ったの
私たちは あなたを 責めていないわ
あなたのせいじゃない

 

〖英語〗

We can only try to believe there's a meaning to this.
We've been praying for you, too, Christpher and I.
And we don't blame you.
It's not like that.
How could it be your fault?

その人に過失が無くて、且つ、自分にも子供から目を離していたという負い目があるにせよ、自分の息子を車で轢いてしまった人物に対して、こんなに優しい言葉をかけることができるのだろうかと考えさせられました。

やはり私には難しいとしか思えません…。

 

なんて思っていると、作家役のジェームズ・フランコが私の心を代弁してくれました。

〖日本語字幕〗

もし 僕が…
逆の立場なら そうは思えない

 

〖英語〗

Well I...
I don't know if I could see it that way if I was in your place.

 

 この作品は、私からすると不意を突かれるシーンが多々ありました。

「え?!そんな反応する??」という場面が幾つかあった感じです。

率直に言うと、もっと余韻の残るような骨太ドラマ作品かと思っていたのですが、「そう終わるかぁ~!」という感じで、逆に、ドラマとスリラーの境界を微妙に行ったり来たりする珍しい作品を観ることが出来たという感じでしょうか(笑)

   

 【関連商品】

 


 

『世界の果てまでヒャッハー!』邦題すごい!

何も考えたくない時に観るおススメおバカ映画『世界の果てまでヒャッハー!』からのセリフをお届けします!

 

まずは⇩作品紹介⇩から。

 

【映画紹介】

邦題: 世界の果てまでヒャッハー!
原題: Babysitting 2
英題: All Gone South
監督: ニコラ・ブナム、フィリップ・ラショー
出演: フィリップ・ラショー、アリス・ダヴィ、タレク・ブダリ、ジュリアン・アルッティ、ヴァンサン・ドゥサニャ、シャルロット・ガブリ、クリスチャン・クラヴィエ
あらすじ:
恋人ソニアの父親が経営するブラジルの高級リゾート地のホテルに友人たちと訪れたフランク。彼はこの旅をきっかけに父親に認められ、ソニアにプロポーズしようと計画していた。ところが楽しいバカンスもつかの間、ソニアの祖母の世話を押し付けられてしまう。仕方なく彼女を連れてジャングルの秘境ツアーに出かけたフランクたちだったが、それは予想もしなかったとんでもないアドベンチャーのはじまりだった…!
© AXEL FILMS – MADAME FILMS – M6 FILMS – CINEFRANCE 1888

 

【気になるセリフ】

車椅子に乗っているけど、めちゃくちゃ元気な86歳のおばあちゃんヨランドが、車の中でタバコを吸おうと火を点けた時、主人公から「お身体に障りますよ」と暗にたしなまれた際に返したお言葉。

 〖日本語字幕〗
年寄りに楽しみは 許されないのかい?

リラックスできる

強い!(笑)このおばあちゃんはとにかく強くて何でも出来ちゃうんです。

観ていて清々しくなる程元気なシニアって、素晴らしいですね!

 

この作品は、実はシリーズ2作目(日本公開日:2016/11/19)で、第1作目は、『真夜中のパリでヒャッハー!』の邦題で、本作公開の後、2017年1月より開催の<未体験ゾーンの映画たち2017>にて公開されておりました。

ということは、本作『世界の果てまでヒャッハー!』がフランスで大ヒットしたのに目をつけた配給会社(アルバトロス)さんが、1作目と2作目を同時に購入し、まずは新しい作品を通常公開し、その後に2作目を小規模で上映したということだと思います。

そこで、2作目を先に公開するには2作目だと分からないようにしなければお客さんが入らないため、この邦題がより生きてくるんですね!

しかも、2作目だと分からないだけじゃなく、あのテレビ番組で耳なじみのある“世界の果てまで”と、物凄く喜んでいる時に発する“ヒャッハー!”を組み合わせており、内容とすごくマッチしている上に、とても愉快な内容なんだろうなーと想像させるタイトルで、購買意欲がくすぐられる秀逸な邦題になっていますね!

私の好きなシーンは、ナマケモノが出て来る数シーンなのですが、特に、「え?飛べちゃうの?!」というシーンで吹いてしまいました(笑)

 

【関連商品】